エステの施術内容について

エステサロンはその施術内容が店舗によって大きく異なります。永久脱毛は医療機関で受けられる医療レーザーで。まず、施術を行う対象となる箇所も異なりますし、どんな施術を行って何を目的とするかでも異なります。例えば、フェイシャルの専門店もあれば、ボディのみ、その両方ということもあります。施術内容でいえばリラクゼーションを目的としたマッサージが中心である店、痩身を目的とした店や脱毛を目的とする専門サロンも増えました。以前は女性向けが一般的でしたが、時代の流れとともにメンズ用サロンも登場しました。今では男性が通うことが広く浸透しています。このようにエステの言葉が示す意味は時代と共に変わっているといえるかもしれません。エステという言葉はエステティックが正しい言い回しですが、この言葉は250年程前にドイツの学者が用いてから美を語る言葉として使われるようになりました。美に対するアプローチ方法が広がることでこの言葉の意味も広がったと言えるでしょう。施術内容は脱毛を除いて手で行う施術が基本となります。肌を整える行為も痩身も、手技が基本です。テクニックや使用する化粧品を使い分けることで異なる結果に導きます。手で触れることはその体の悩みの原因を探るために重要なことですが、同時に癒しを与える行為でもあります。また手肌から伝わる温度は化粧品の浸透を助ける効果もあります。しかしながら、手技だけでは出来る施術にも限度があります。そこでマシンの登場です。サロン用に様々な機械が開発されています。体に流れる微弱電流を利用した導入、低周波や高周波を利用したもの等、新しい機械はどんどん生まれています。技術改良なども加わり、その効果も高まっています。また、エステは世界各地で様々な変化をしています。その国独自の伝統や文化、民間療法などが取り入れられているからです。日本的なことでは日本酒を使用した化粧品の利用などが挙げられます。インドのアーユルヴェーダや中国由来のかっさ、英国式リフレクソロジーなども各国の特徴が表れたエステの一種といえます。それらの各国の効果的な施術法は日本でも広く取り入れられています。このようにメニューバリエーションは多彩なのです。どこにどのようにアプローチするかはサロンによっても随分と異なります。体質や好みなどの相性もあることでしょう。悩みの改善や癒しなど、求めることも人それぞれです。サロンメニューの特徴と自分の目的を把握することでより満足度の高い結果をえることが出来ます。

MENU

エステの施術内容について
自宅エステの種類まとめブログ
誰でも魅力的になれるエステ
賢くブライダルエステ